タイヤ交換は持ち込み可能な店舗に依頼しよう!

ネット通販が台頭した結果

タイヤ

自己では出来ないこと

季節は夏から冬へ向かう途中の秋です。これから、地方によっては車のタイヤ交換が必須になります。夏用から冬用へのタイヤ交換は、降雪が多い地域では安全確保のために必須の年中行事となっている地域は、北海道、東北、北陸は言うに及ばず、山陰地方を含む、中国地方にも及びます。そんな中、近年では自分で購入したものを自動車修理工場に持ち込み、タイヤ交換を依頼する人たちが増えてきました。原因は、タイヤのインターネット通販で、持ち込み交換を前提として営業されています。インターネットで購入し、送られてきたタイヤは、ホールが装着しているものを除いて、自分で交換する事ができません。ホイールにタイヤを装着するだけでも、人力では無理な作業であり、専用の機械を必要とします。さらに、タイヤとホイールを装着しただけの状態では、アンバランスになっているため、それをそのまま車に装着して走行すると、どこか1箇所に大きな遠心力がかかり、違和感を覚えるようになります。それを防ぐためには、軽い箇所に鉛のウエイトを付けて、全体の動バランスを取る必要がありますが、一般家庭では動バランスどころか、静バランスを取る事すら不可能です。動バランスを取るにも、タイヤとホイールの装着と同様、専用の機械を必要とし、これをバランシングマシーンと言います。インターネット通販でタイヤを購入しますと、購入者の最寄りの持ち込み交換可能な工場を紹介されますが、これはタイヤ交換では必要なことなのです。工場の方も、タイヤの売り上げには寄与しないものの、持ち込みをきっかけにお客様との付き合いが始まる事から、これを受けています。

Copyright© 2017 タイヤ交換は持ち込み可能な店舗に依頼しよう! All Rights Reserved.